So-net無料ブログ作成
検索選択
Free counters!

移動ポケットレシピを検索して辿り着いた方へ
レシピの販売利用について一部変更させていただきました。
ご一読ください 2016.10.17
増量ポケット
(マチなしVer.)
容量増!計画。
マチ付き移動2ポケット
外ポケットマチ付きVer.
容量増!計画-2
蓋内側マチ付きVer.容量増!計画-3

"ネタ"って“根多”って書くのね。 [*刺繍]

積読だった本を読了。
読み出したらアッちゅう間でした。

で、その本に『根多』と出ていて、''ねた''とは読めても
''ネタ''を指していると合点が行くまでに何故か間が...開いた orz


読んだ本はこちら:赤めだか (扶桑社文庫)



で、私的ブログ根多を。


って、刺したのは1~2年くらいですが…
IMG_9558.jpgIMG_9670.jpg

カンゴールのトートバッグに、針に残った糸で少しずつ刺したモノと
うっすいシャツ欲しさに買ったウニクロのTシャツにちこっと差別化はっかたモノ。

刺繍って、いろんな色で刺す程、糸の途中でその色部分を刺し終えたりする色が増えるわけです。
化繊や綿は比較的毛羽立たずにいてくれるのですが、絹糸は針に通して針山に刺したままだとあっという間に"綿"のような毛羽だらけになります。
もったいないったらありゃしない。。。って言うので、残った糸であちこちチミチミ刺していました。
ここで刺しているのはほぼ化繊で、少しの綿と絹ですが。

バッグの全体写真がないのは、周囲がシミだらけになってるから…orz
凄く気に入っていて、汚さずに使っていたんだけど、、、
昨年11月?12月?に雨の田子坊の刺繍教室に出かけた際 Platane店頭の御影石の階段で滑って尻もちついて濡らしちゃったんだよね。左側に薄墨色の斑点があるのはその時の雨水溜りのシミ…´д` ;


上海にはウニクロがあちこちにあったけど中国人と着てるもの被ったことはないのに、何故か刺繍教室で日本人同士だとよく被ったのよ...私の生活覗いてる?ってくらい(きっと向こうも思ってたかもねw)。
なので、必ずどこかに一刺し。
で、田子坊の刺繍教室の老師はどんなに小さな刺繍やレース片でも見逃さず、
「あなたが刺したの?かわいいわね」とか「いいわね」と褒めてくれました、中国語で。
えぇ、カタコト以下の私には それ以上の難しい事は分からないので、長い文章はカットですw

と、段ボールに詰め込んだ服そのままの塊でタンスの引き出しにしまっていた中から、このTシャツを引き当てて...ちょっと思い出ネタでした。



思い出ついでに、最終教室日帰り際に撮った老師[ぴかぴか(新しい)]パシャリ
1.jpg


相変わらず 写真が下手っぴ…[もうやだ~(悲しい顔)]
お店を出て、そのお店の前の通りからの撮影。
そして、ここで(先生の足下の席に)座って刺繍を刺している私の姿を…
世界中からの観光客に撮られ…ますた。
私の写真を撮った知らない人がお国に帰っていろんな人にみせてるのかと思うと……orz

23日0時に予約投稿を設定していたけど、何故か解除されていた…´д` ;

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。