So-net無料ブログ作成
検索選択
Free counters!

移動ポケットレシピを検索して辿り着いた方へ
レシピの販売利用について一部変更させていただきました。
ご一読ください 2016.10.17

増量ポケット
(マチなしVer.)
容量増!計画。
マチ付き移動 2 Wポケット(2017.9.17改称)
外ポケットマチ付きVer.
容量増!計画-2
蓋内側マチ付きVer.容量増!計画-3
蓋なしマチ付き移動Wポケット
外ポケットマチ付きVer.
容量増!計画-4

[るんるん]9月2日にご質問くださったみこさまへ![るんるん]
ご質問いただいた使用布の長さの変更後の図を新規記事に載せました。
.

お勧めされたお薦め本 [*刺繍]

ちょこちょこ立ち寄っていた苗族工芸品のお店 綿繍坊Brocade Country。
上海情報サイトのお店の紹介記事2009,2016

オーナーは苗族の姉妹の方。
お姉さんは大学で英語を勉強されていたそうですが、
妹さんLiuさんは大学で日本(語?)の勉強をされていたので、流暢な日本語で
商品説明はもちろん、工芸品の技術的なこと、民俗学的なお話もしてくださいました。

で、刺繍の刺し方の尋ねていたのですが…
帰国したらなかなか質問もできないので、
本帰国前に買っておくといい苗绣(苗族刺繍)のお勧め本を尋ねましたところ!

『苗繍で1番良いのは、日本人が出してる本ですよ』と∑(゚Д゚)衝撃のお返事。
曰く、貴州の苗族の下で20年近く刺繍の調査研究をされていた日本人女性がいて、その方が出した本がそうだ…とのこと。大事な本は(お店ではなく)自宅に置いてあるので、題名が思い出せないけど…と著者名を伺って帰宅。

教えていただいた名前は 鳥丸知子さん。
One Needle, One Thread - Miao(Hmong) embroidery and fabric piecework from Guizhou, China




image.jpg image.jpg

↑織物に見えるくらい目の細かく詰まった刺繍。
裏の糸の刺し方(渡し方)がはっきり見えないと分からなくて、
お店では劉さんに毎回確認していましたけど…本当に細かいんです(>_<)!


で、この本『刺繍の写真がいっぱい載ってますよ』と教えていただいたとおり、
写真はもちろん刺し方や工程まで豊富に載っていて、刺繍や民族衣装に興味のある方なら
買って間違いなしd(^_^o)の一冊です!

--------

...と、ここまで昨年の4月に書いて絶賛大放置していたんですが、
今年の2月に日本語訳が出てたんです!出ていたんです!

IMG_1571.jpgIMG_1570.jpg

洋書は光沢のある紙質で写真の色調がビビッドです。
訳書本は光沢がなく、触りは滑らかですが光沢のない紙の分、写真の被写体の輪郭や色調がやや柔らかく見えます。
色や形をハッキリしっかり見たい方、刺繍の写真を資料として見たい方は洋書を、刺繍の刺し方や背景を知りたい方は日本語訳書をお勧めします。




左の商品リンクについて。
洋書(2008/9)は発行元、
和訳版(2017/2)はアマゾンの販売。
右側はポイント常時5倍(セール時6倍)のオンライン書店boox



と、言うことです。


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました